News

2020年11月24日

​アイミングを買うと社会貢献になる

お知らせ

アイミング®を発売してから早2年がたち、おかげさまで沢山の技術者さまに認められ今やまつげ技術には欠かせないプロダクツにまで成長しました。本当にありがとうございます。

最近「○○で売っている物(同じ形状のもの)はインフィニートさんのと違うんですか?」と聞かれることもしばしば。今日は他メーカーさまとの決定的な違いについてです。

結論から言うと同じ商品かも知れませんが全く違う商品です。

アイミング®を買うと社会貢献になるからです。

アイミング®を製品化してくれているのは精神を病み、闘病し、完治した人たちが社会復帰の為に仕事を請け負っている会社です。だから、製品は一緒でもお買い上げ頂いた皆さんのお金の使われ方が全く違う商品ということです。

完治はしていてもいきなり社会復帰が出来るかというと難しいのが精神を病んでしまった人です。「自信」を取り戻す機関(期間でもあります)があるんですね、今は。いきなり健常者の中に放り込まれるのではなく(ある意味そこはジャングルでもあるので)あと一歩という同じ状態の人たちと一緒に働き、時には辛い時を分かち合いながらも仕事を完結させていくことで自信をつけて、時にはそのまま繋がった会社の社員になることもあるそうです。

アイミングはそんな人たちによって製品化されています。綺麗な商品が出来たり、納期に全て間に合ったりした時に「今回の出来はすばらしかった!」と伝えると自信を持ってもらえるそうです。沢山売れて注文が増えるとまた自信を持ってもらえる。そして社会の役にたっている感を感じていざ、自分が本当にやりたいことへ向かって進んでいけるんですね。病気は「完治」しましたと言われても「給与をもらう」間での道のりは長いはずです。私たちも人を雇う立場なので良くわかります。

平成23年度の国内の鬱病・精神疾患の患者数は152万人です(患者調査調べ)。自殺者数は他の先進国のおよそ10倍。人のことなど構っていられない現代ですが、問題をほうっておくといずれ自分にしっぺ返しが返ってくる、いや、確実に住みづらくなる未来。現に精神を病んだパイロットの悲劇や電車の運転手の大惨事など記憶に新しい。

日本人を諦めたくない。想像して下さい、同じ屋根の下に住む近しい人が悩んでいたなら、そしてあなたが支える立場だったなら。復帰を願う社会システムと、排除しようとする社会システムの未来は大きく異なると思います。

株式会社ビュプロ(アイミング®をウェブ販売しています)の廣瀬社長は欠品が出るたびに本望じゃないはずなのに「申し訳ありません」とお客様に頭を下げてくれています。普通なら「ふざけるな。納期が守れる所に製品化を依頼してくれ」となるところですが、不安定さをご理解を頂いてお付き合い頂いています。本当に感謝しています。

アイミング®1パックが数十円、数百円、他店の物より高かったとしても、沢山の日本人を救います。家にころがってる数十円や缶コーヒー一杯分を日本の未来へ投資して下さい☆

http://www.the-beautyproducts.com

アイミング®は株式会社インフィニートの登録商標です。

2015年4月24日FACEBOOK投稿より抜粋