top of page

中国にて、弊社製品マーケティングをしています!


打ち合わせをしている人たち

中国への事業展開(越境ビジネス)は弊社創設以来の目標となっています。

巨大マーケットである中国に参入することは

ビジネスとしても大きなチャンスであり、

私たちスタッフにとってもとてもエキサイティングな体験です。


今回、お話を聞いていただいたのは、

中国青島エリアでホールディングス(主にサロン・観光・内装)を持つ

実業家の胜羽さんにお話を聞いてもらいました。

胜羽さんのオフィスは青島の中心地にある高層ビル25階にあります。


青島は大阪と同じくらい人口がいる巨大マーケット圏(1000万人)。

無印、ユニクロ、ダイソーなどの日本向け輸出製品に加え、

日本に向けての農産物輸出も中国イチの都市です。

日本のクオリティをよく知る場所と思っていいと思います。



ミィーテのシステムの内容について

ヒアリングもできるよう、お知り合いの美容サロンオーナー様たちも集まってくれました。


弊社の予約・集客DXサービスについてディスカッションし、

実際どのように普及をしていけるかの検討をしました。


中国は、ネット上では孤立しているような状態です。

中国国内からアクセスできる外部はごく一部であり、

みなさんがよく利用する、グーグル、フェイスブック、アマゾン、のいずれもアクセスできません。


中国国内でミィーテの普及をさせるにあたり、

どのような組み込み方が可能かを弊社のシステム開発チームとともに

検討するいい話し合いができました。



スライドの前で説明をする人と聞く人

また、パナセトーキョー についてもプレゼンしてきました。

日本製品についてのリアルな今のイメージと評価をヒアリングできるとても貴重な時間でした。





ベトナムの時に感じた「ジャパンクオリティ」について

やはり中国でも「技術の差」ではないことがわかりました。

もはや、技術力はどの分野に関しても日本が特化しているものはないのかもしれません。


かゆいところに手が届き、

こういう風に検索したかった!

こんなサロンに、お客様に出会いたかった!

が一発で叶うような検索表示がなされる技術を開発したいと思います。

中国でも個人サロンさんが手軽に使えるアプリにするべく開発を進めてまいります!

bottom of page